Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

窓辺を変えてお部屋のイメチェン!大掃除のついでにカーテンを変えてみよう!

大掃除で窓をピカピカにしたら、次はカーテンを変えてみませんか?窓辺が変わると、お部屋の雰囲気がガラっと変わります。家具はなかなか変えられませんが、カーテンなら気軽に変えられます。今までとは違ったイメージのカーテンで新年を迎えてみてはいかが?

view95

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 機能性から選ぶ

  • カーテンは、お部屋を彩るインテリアとしてもとっても大切な存在です。
    しかし、それだけではなく、お部屋の中を快適に保つための大事な役割も担っています。

    夏場は、照りつける太陽の光や熱を遮断することで、室温が上がるのを防ぐ役割があります。
    冬場は、暖房で温めたお部屋の熱を外へ逃がさないという役割があります。
    また、外の冷気を中に入れないという役割もあります。

    そういった役割を重視してカーテンを選ぶなら、遮光カーテンにするのがおすすめです。

  • 1級遮光:  遮光率99.99%以上
    2級遮光:  遮光率99.80%以上
    3級遮光:  遮光率99.40%以上
    出典 :カーテンの遮光性・選び方
     

    このように遮光の程度によって級が分かれています。

  •  

    1級遮光カーテンを使ったところ。

  • 横から光が漏れてきてしまっていますが、カーテンからは全く光が漏れていません。
    サイズをピッタリのものにすれば、光漏れも防げます。
    夏場は、昼間出かけている間に遮光カーテンを閉めておけば、お部屋の温度が上がるのを随分防ぐことができます。

  • 遮光カーテンは通常のカーテンと比べて、
    室温を約2度以上もおさえることができるという検証結果があるんですよ。
    出典 :MOMO×WAVE×ECO~室温とカーテン~ : STAFF BLOG : Momo Natural | モモ ナチュラル - オフィシャルサイト
  • また、自分の部屋の音が外に聞こえるのが気になる方や、騒音の大きい場所に住んでいて外の音が気になる方には、防音カーテンというのもあります。

  • 逆転の発想でおしゃれに!

  • 窓辺にカーテンを掛けるとき、レースのカーテンと普通のカーテンを2枚掛けるのが一般的ですね。
    昼間はレースのカーテンだけにして外の光を取り込みつつ部屋の中が外から見えないように目隠しをする、そして、暗くなったら普通のカーテンも閉めて、明かりをつけた部屋の中が外から見えないようにするという感じです。
    この時、レースのカーテンを外側、普通のカーテンを内側にするのが一般的です。
    しかし最近は、あえてレースのカーテンを内側、普通のカーテンを外側にして、レースのカーテンの色や模様を楽しんだり、レースのカーテンと普通のカーテンとの調和を楽しむという方法もよく行われるようになってきました。

  • 一般的には外側にレースのカーテン、室内側にカーテンを取り付けますが、最近はその逆も人気です。レースの背景にカーテンがくることで、レースの柄が浮き立ち、窓辺の表情が一変するからです。
    出典 :レースとカーテンの逆転 | ライフスタイル | All About Tips+
1/3